第11回、平均足

世界最高レベルのチャート分析を日本一わかりやすく!

アヴァトレード・ジャパン✖小次郎講師PRESENTS特別企画!!

(受講生:フルカバー君)

小次郎講師直伝、チャートの極意 第11回

平均足

わたくしたちふたり(?)は、平均よりも足が短いことを自覚しています。

平均足分析

※MT4で平均足を表示するときはローソク足を折れ線グラフ(ラインチャート)に変更した方が見やすいです。上記の折れ線は毎日の終値をつないだラインチャートです。

1、平均足とは

平均足は日本古来のチャート分析法で、「コマ足」「平均コマ足」などと呼ばれることもあります。起源は不明ですが、かつて生糸相場で大儲けした相場師が「秘密の線」として使っていたことで有名になりました。現在日本では使われることが少なくなったのですが、海外で日本のチャート分析システムが注目され研究されており、その中でも人気になっているのがこの平均足なのです。そのため海外のチャートシステムにはHeikin-Ashiとして標準装備されているものが今や一般的となりました。

2、平均足の特徴

平均足は通常のローソク足の改良版と思えばいいでしょう。平均足には、次のような優れた特徴があります。そのため、トレンドの把握が通常のローソク足よりはっきりと出来、トレンドフォロアーに活用されています。

1、上昇トレンド時には陽線が連続し、下降トレンド時には陰線が連続する。

2つのチャートを見比べていただければ一目瞭然ですが、一般のローソク足では上昇トレンド中にもしばしば陰線が出現しますし、下降トレンド中にも陽線が出現します。ところが平均足は上昇トレンド中に陰線が出ることは珍しく、また下降トレンド中に陽線が出ることもきわめてまれです。そのため、陽線か陰線かを見ているだけでトレンドが把握出来るという特長があります。


わたくしたちふたり(?)の体型は、「ひげ」がほどんどなく「実体」つまり胴体部分がほとんどです ことを自覚しています。

2、窓を空けない

FXの場合は窓を空けることは少ないのですが、株式のチャートでは窓を空けることがよくあります。下記は株式のチャートです。通常のローソク足と平均足を比較してみてください。

どうでしょう。トレンドがわかりやすくなったのが一目瞭然ですね。ローソク足はピースが欠けたジグゾーパズル、平均足はピースが全部埋められた完成形という言われ方をします。

3、平均足の計算式

【1日目の計算式】
始値=(前日始値+前日高値+前日安値+前日終値)/4
高値=当日高値
安値=当日安値
終値=(当日始値+当日高値+当日安値+当日安値)/4

【2日目以降の計算式】
始値=(前日の平均足の始値+前日の平均足の終値)/2
高値=当日高値
安値=当日安値
終値=(当日始値+当日高値+当日安値+当日終値)÷4

■計算式からわかること
・平均足の高値・安値は通常のローソク足の高値安値と基本的に同じ
・平均足の終値は当日ローソク足の4本値の平均
・平均足の始値は前日の平均足の始値と終値の中間

つまり平均足の成り立ちは
・高値・安値は通常のローソク足と同じ。
・実体部分(四角形の部分)は、前日の平均足の実体の中心から当日のローソク足4本値の中心に向けて描く。
ということです。
そのため窓が空かない構造になっています。

4、平均足の分析法

①陽線が連続する間、上昇トレンドがあることがわかり、陰線が連続する間、下降トレンドがあることがわかる。
②実体の大きさがトレンドの勢いを示す。

勢いのあるトレンドは実体が大きくなり、トレンドが勢いを無くすと実体が小さくなります。

③ヒゲがトレンドの方向を示す。

一般のローソク足では下ヒゲは上昇に転じる兆候、上ヒゲは下降に転じる兆候として捉えられますが、平均足では逆です。上ヒゲが上昇トレンドを示し、下ヒゲが下降トレンドを示します。反対側のヒゲがないものがトレンドの強さを示し、両方にヒゲがある場合は長いヒゲの方にトレンドが形成されやすいという特徴があります。

④コマ足がトレンドの転換を教えてくれる。

実体が短く上下にヒゲの伸びた足をコマ足と呼びます。十字線もコマ足の一種です。

平均足はこのコマ足の出現をトレンド転換の印として重要視するため、平均コマ足などと呼ばれることがあります。
「コマが回れば流れが変わる」などと言われ、上昇トレンドから下降トレンドに転換するとき、下降トレンドから上昇トレンドに転換するときにコマ足がしばしば出現します。コマ足は陽線でも陰線でも意味合いは同じです。

今や海外で日本のチャート分析は大変な人気です。ローソク足や一目均衡表はもちろんのこと、平均足、カギ足、練行足、新値足等、さまざまな日本発のチャートが研究され、活用されています。それに引きかえ日本人が日本のチャートの勉強をおろそかにしているのが残念でなりません。この機会に世界で最も歴史があり、世界で最高水準の日本のチャート分析手法を学んでいただければ幸いです。

当コンテンツは為替相場等に関連する一般的な情報の提供を目的としたコラムです。特定の投資方法等を推奨するものではなく、また投資の勧誘を目的とするものでもありません。
コンテンツの内容につきましては万全を期すよう管理しておりますが、その正確性や普遍性を当社や執筆者が保証するものではありません。記載内容に因り万が一損失が発生した場合においても、当社及び執筆者は一切の責任を負うことは出来ませんので、ご了承のうえでご参照ください。
当コンテンツの無断転用や再配布は固く禁じます。